工業高校の数学の勉強内容と難しさを解説するよ

 

工業高校に入ろうと思ってるけど、工業高校って理系だし数学の授業難しいんじゃないの?

実際のところ工業高校の数学ってどんなこと勉強するの?

事前に数学の苦手を克服したいからおすすめな勉強法があったら知りたいな。

 

今回はそういった疑問に工業高校出身の僕がお答えします。

 

本記事の内容

 

  • 工業高校の数学の勉強内容と難しさを解説するよ
  • 数学が苦手な人におすすめな勉強法2選

 

 

結論から言うと学習範囲は広くないですが、数学が苦手だという人には授業の内容は難しいです。

それでは見ていきましょう。

 

 

 

工業高校の数学の勉強内容と難しさを解説するよ

 

以下の流れで解説していきます。

 

  1. 【勉強内容】3年間で数1・数2のみです
  2. 【難しさ】数学が苦手な人には難しいです

 

【勉強内容】3年間で数1・数2のみです

 

進学校では3年間で数1・数2・数3・数A・数B・数Cを学びますが、

工業高校では数1・数2のみを学びます。

 

ちなみに数1・数2をざっくり説明すると、中学校で学習した内容の延長線上のような感じです。

因数分解や二次関数、平方根などに始まり微分や積分といったことを学びます。

 

工業高校では科での実習科目の授業時間の占める割合が大きく、普通科目に割ける時間が

少ないため数学の学習内容も進学校に比べ極めて少なくなっています。

 

【難しさ】数学が苦手な人には難しいです

 

数学の難しさは、はっきり言って中学校の授業の難しさと変わらないので、

中学校の数学の授業が苦手な人は高校でも苦手な確率がほぼ100%に近いです。

 

そもそも数学の内容は中学校を土台として勉強がスタートしていくので、

中学校の勉強を理解できていないと高校でも苦戦しますよ。

 

1次方程式が苦手な人がいきなり2次方程式を解けるようになりませんよね。

面積を求められない人は容積も求められませんよね。

 

それと同じで基礎を理解できていないと高校からの授業も理解できないんです。

 

数学が苦手な人におすすめな勉強法2選

 

工業高校に入りたいけど数学が苦手という人は基礎的な部分を理解できていなかったり

先生の教え方が下手で数学への苦手意識を植え付けられてしまっていることが原因かもしれません。

 

ここではそんな人のためにおすすめな勉強法を2つご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

以下の流れで解説していきます。

 

  1. 解き方を暗記してしまおう
  2. 優秀な先生に教えてもらおう

 

 

解き方を暗記してしまおう

 

xとかyとかzとか文字が多すぎて頭が痛くなる。何聞かれてるかもわかんないし理系科目が苦手!

という人は数学を暗記科目にしてしまいましょう。

戦えない敵とは戦わなくていいんです。

戦える方法で戦いましょう。

 

やり方は簡単で、教科書に書いてある解法を暗記するだけです。

教科書にはなぜこうなるのかといった説明書きもありますが、

いっそのことそこは読まなくてオッケーです。というか読まないでください。

 

テスト勉強をするときには授業で配布される対策プリントの答えを見て解き方を暗記しましょう。

解き方のパターンに注意しながら暗記できるとなおよいですね。

 

数学の頭がいい人から数学を丸暗記するなんて馬鹿にしているのかといわれそうですが、

苦手な人には苦手な人の勉強の仕方があります。人には人のやりかたがあるんですよ、

とでもいえば理解してもらえるでしょうか。

 

優秀な先生に教えてもらおう

 

学校の先生の教え方下手だし理解してないのに先に進んでっちゃうから数学が嫌いになった

という人は優秀な先生に教えてもらいましょう。

 

とはいえ優秀な先生は学校の先生だけとは限りません。

Youtube学習アプリを活用しましょう。

 

特に今ではYoutubeだけでも中学生向けの問題解説~高校数学まで幅広い分野にわたって

わかりやすく解説してくれている人が大勢いるので利用しない手はないですね。

 

なかでも、わかりやすく説明している2人を紹介するのでぜひ見てみましょう。

 

予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」

 

とある男が授業をしてみた

 

 

また、学習アプリを使うのもおすすめです。

 

学習アプリは基礎から発展までの道順が明確に示されていて苦手なポイントを克服しやすいですし、

実際にわからない部分をアプリ内で先生に聞くこともできます。

学習アプリの中にはSNSの機能を持ったものもあるので一緒に勉強を頑張る人ができて

モチベーションにつながるのもメリットですよ。

 

ただしデメリットとして自分には不要な発展問題があったり、SNSに気を取られて勉強に

集中できなかったりすることがあります。

 

ですが自分で1から勉強するよりもわかりやすく説明されているのを利用したほうが

時間のコスパがよいのでアプリを使うことをお勧めしますよ。

 

なかでもスタディサプリがおすすめですよ。

 

月980円で1万本を超える解説動画がスマホ見放題なので塾に行くよりも圧倒的に安く

自分のペースで学習できるのでおススメです。

 

気になった人は下記リンクからチェックしてみてください。

 

 

 

まとめ:範囲は狭いが難しさは変わらない

 

というわけで本記事のまとめです。

 

  • 学習範囲は進学校より狭いけど、数学の難しさ自体は変わらない
  • 数学が苦手な人は今からでも基礎から勉強しよう
  • 勉強が嫌なら丸暗記で工業高校の数学を乗り切ろう

 

 

繰り返しになりますが、数学は小学校・中学校・高校とそれぞれが土台となって

内容が発展していきます。ですので基礎が理解できていないと数学が苦手になるケースが多いです。

 

ですが逆に言えば基礎さえ理解してしまえば芋づる式に理解できるので、

一度勉強してみるのもいいんじゃないかなと思いました。

 

 

今回の機序は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です